” _どのように水耕栽培ガーデニングシステムを構築するために、私は授乳キット、水耕栽培園、水耕栽培ガーデニングを買うことができますか、”

  「ベランダの庭12カ月」が本になります。 大幅に書き下ろしました。私的には、珠玉の一冊。ブック版では園芸作業についてのオハナシが中心です。このページと同じく、ベランダ徒然記がベイスですが、ありがたい園芸まめ知識をちりばめましたので、園芸マニュアルとして見ていただくことも出来ます。また、かずかずのお道具類を私的三ツ星ランキング付きで披露してます。園芸初心者のかたには鉢植え園芸道のバイブルとして、中級者のかたには、共感と共犯のノートとして、上級者のかたには、園芸ライフの思いでめぐりに、楽しんでいただければ・・・  

减轻、克服再植病的方法有以下几种:(1)用2.5%适乐时1000~1500倍液或37%福尔马林对定植穴进行浇再植病灌,每株灌药液30~50斤,喷洒后用地膜覆盖土壤,杀死土壤内线虫、细菌、放射菌和真菌。(2)再植前深翻,把定植穴内0.5立方米范围内的土壤挖起移走,彻底清除残根;换好土填入定植穴后再栽植果树,可避免果树再植病的发生。(3)再植前挖1米见方的定植穴,将穴内土壤置于阳光下暴晒80~90天,并利用地膜覆盖土壤,使土壤温度上升到50℃以上,可起到加热杀菌的作用。暴晒可在晴朗干燥的夏季、晚春和早秋,以6~8月为最佳。(4)施用VAM真菌。VAM真菌即泡囊丛状菌根真菌,是一种与果树共生性的内生菌根真菌,可促进果树的生长和结果。重茬地果树栽植时,在果树根际直接接种VAM真菌,可减轻果树再植病的发生,促进果树的生长和结果。(5)加强土肥水管理,合理补充土壤营养元素。重茬栽植前先进行果园的土壤分析,掌握土壤中营养元素的含量,根据平衡施肥的原则确定施肥方案,注意有机肥料和微量元素的应用,补充和调节土壤内的营养元素。(6)应用抗性苗木。重茬栽植果树时,选用抗性砧果树苗木,可有效降低再植病的发生。(7)轮作。前茬桃树的果园可以栽植梨树,不宜再栽植桃、杏、李和樱桃等核果类果树,或改种农作物3~5年,然后再栽植果树。

室内を暖めるのは、ペレットを使ったサーモスタット付ストーブだ。室内温度は自動的に調節されており、温度によって小窓が自動的に開閉する。その他、水中のpHや温度、アンモニア濃度などを遠隔でチェックするシステムがあり、長期間留守にしても問題ないという。「すべて有機栽培です。消費者だけでなく、農家、企業、学校自治体からも引き合いがあります。当社は、南フランスに温室を作り、そこで出来た野菜を日本食レストランに卸す計画も進めています」とウルバンさんは言う。

当然といえばそれまでだが、農林水産省や県の農業試験場をはじめとして、全農、JA(農協)という営農機関に至るまでの一貫した方針は、指導も確立していて、化学肥料と農薬、および細かな水管理の手間に頼る栽培である。従って「JAは基本的に、化学肥料と農薬(それに農機具)販売を主目的とした商社であり、農業関係の行政はJAを支援することが主業務となっているため、化学肥料と農薬を死守するためには必須の農法であるが、水管理が「浅水間断潅」という、手間のかかる点が問題となっている」のだという。

アボカドの種の発芽気温は20度以上が必要となっているので、5月から7月くらいまでに種まきを行うのがベストです。種を入れる容器は、種よりも2、3まわり大きな鉢を選びます。 種の半分ほどが隠れる程度に土に埋め、室内の明るい場所で管理し、土が乾燥しないように毎日水やりを欠かさないようにします。1~2か月経過すると発芽し、半年ほどで根が十分に育ったらより大きな鉢や地面に移し替えます。 しかし、水をやりすぎると根腐れやカビ、虫の発生を誘引してしまうことがあるのでやりすぎには注意が必要です。

そのために 土に微生物があふれるような環境を作ることが必要である。土が死ぬとは微生物が死ぬことで、それは作物にとってもよくない。日本の食文化は伝統的な発酵食品によって育まれている。微生物が旺盛に働くことで発酵が進む。しかし、マイナスの環境になると腐敗となる。腐敗(死の連鎖)から発酵(活きる連鎖)にすることが、植物を育てる土から ニンゲンの体内にいたるまで発酵の連鎖が続いていくことで健康を保つことができる。つまり、腐敗しない活きた食物の摂取によって、初めて腸内細菌も腐敗型から発酵型に変り、健康な身体を作ることができるのである。

美容に良い野菜として、近年は女性を中心に大流行しているアボカドですが、実は最初のブームは30年以上も前であり、「森のバター」というキャッチフレーズで注目を集めていました。 日本での流行のきっかけとなったのは、アメリカで「カリフォルニアロール」という日本風の巻きずしにアボカドが入れられていたことであり、日本でも巻き寿司のネタとして扱われるようになりました。 アボカドはスーパーで手軽に買える定番の「野菜」として、寿司ネタだけではなくハンバーガーのトッピングに使われたり、サラダに入れられたりすることが多いですが、実は「野菜」ではなく、トロピカルフルーツであり、「果物」の類に入ります。 そんなアボカドですが、自分の手で育てることもできます。今回はアボカドの育て方について紹介していきます。

第一号のテーマ微量栄養成分ミネラルを土作りの必須に考え、みつけたのが九州の限られた地方にだけ存在する非常に珍しい岩石です。元熊本大学教授松本博士の専門調査では、マグネシウム、カルシウム、カリウムといった主要ミネラルの他に、必須微量ミネラルの種類がきわめて豊富であることがわかりました。また、地球誕生時に存在していた「稀土類元素」と呼ばれるミネラルをさまざまに含有していることもわかりました。生成過程において、一万年という長い年月の間に熱と圧力に影響を受け続けた結果、地球創造のエネルギーともいえる火山性のマグネシウムから放出されたさまざまな微量元素がガス化し、岩石中に波動(微弱エネルギー)が蓄積された可能性があるらしいです。この鉱石の粉末を今年は土に混ぜようと思っています。今年の米がどのような米になるか楽しみとともに、わくわくしています。

スギ材には生育阻害物質がほとんど含まれていないことが明らかとなったので,スギ樹皮の利用を検討した。生のスギ樹皮を土壌に混和して使用した場合には樹の生育に悪影響を及ぼすことがある。この原因は土壌中でスギ樹皮が分解されるときに発生するエチレンが関与しているものと推察された。しかし,マルチ資材としてスギ樹皮を用いる場合には,生のままでも樹の生育,養分吸収,果実の品質などに悪影響を及ぼすことがなく,むしろ樹の生育が対照区と比べて旺盛になる傾向が観察された。ただし,マルチ資材としてのスギ樹皮の多量使用は果実品質を低下させる傾向があるので,使用量は10アール当たり乾物で4トンまでに抑える必要があった。

  コケは小さな植物のなかまで,昔は木の毛のような小さくてよくわからない植物のことを指していました.小さなコケでもたくさん集まるときれいな景色になります.「もののけ姫」の舞台となった森は鹿児島県の屋久島という島にある「コケの森」をモデルにしたものです.京都のお寺や神社にある庭にはコケがたくさんあって,きれいなことで有名で,西芳寺(さいほうじ)という寺はその名も「苔寺(こけでら)」という別名まで付いてしまっていて,むしろこっちの名前の方が有名なほどです. ちなみに日本には約1700種類ものコケが生育しています.  

菌根菌にはいろいろなタイプがありますが、代表的な菌根菌は、「アーバスキュラー菌根菌」あるいは「VA菌根菌」と呼ばれるタイプで、ごく一部を除くきわめて広い範囲の植物種に共生しています。「アーバスキュラー菌根菌」が共生している根は、色素を使って染色してみると、根の中に菌類が入り込んでいる様子を観察することができます。「アーバスキュラー」という名称は、根の細胞の中にこの菌の菌糸が入り込んで形成される「アーバスキュル(樹枝状体)」に由来しています。

若い女性を中心に大ブームが続いているアボカドですが、その人気の理由は美容と健康に良い成分を多く含んでいるということです。主な成分としては、カリウム・ビタミンE・ビタミンB2・ビタミンB3(ナイアシン)・ビタミンB6・オレイン酸・葉酸そして豊富な食物繊維を含んでいます。 もはや食べない理由が見つからないスーパーフードですが、その主成分が「脂質」であるため、1つでごはん1杯分ほどのカロリーがあります。食べすぎには注意し、1日1~2個を目安として食事に取り入れた方が良いです。

  世界に誇る庭園芸術である日本庭園の美はどのようなところにあるのか? 日本庭園を楽しみながら、その本質を分かりやすく解説する組織が本会です。年間6回発行の会誌『庭研』の他、2000年には『庭園・植栽用語辞典』(井上書院)も発行しました。本部の庭園写真・庭園資料等の収集量も膨大なものがあり、これらのコンピュータによるデータ入力も進行中です。また、造園技術者の集団である庭研技術部会も設置されています。41年の活動実績のある本会へぜひご参加下さい。  

  6月17日(日)の「父の日」を前に,長男夫婦から粋なプレゼントが届いた。“釣り忍”だった。釣り忍と共に送られてきた説明書によれば『釣り忍は竹やイグサを芯にしてヤマゴケを巻きつけ,その上にシダ類のシノブの根茎を巻きつけて作ります。江戸時代中期,庭師が夏のご挨拶として取引先に配ったのが始まりとされ,明治から昭和初期にかけて広まり,東京下町の軒先を飾っていました。今でもほうずき市や朝顔市などで,釣り忍が風鈴の音と共に涼を呼んでいます。』とあった。  

冬場との違いはまだある。冬場は乾燥するから水分は多めになる。水分を少なくすると温度は上がりにくくなる。夏場は逆である。温度が高い。水は少なめでも温度は確実に上昇する。よく青カビが出たという声をいただくが、それは水分が多すぎたのである。少なめに与えて、かき混ぜて温度が上昇したら、水分は与えても大丈夫である。でも撹拌は一日に1回は実行してほしい。酸素がないと青カビや黒カビが出る。出ても心配しなくてもいい。下からかき混ぜて、少し広げて水分を抜けば、青カビや黒カビは消えていく。

  日本で唯一残存する浄土庭園、毛越寺(もうつうじ:岩手県平泉町)を散策できます。 毛越寺 は約770年前に焼失しました。奥州平泉藤原三代が黄金文化を築いた地です。のちに芭蕉が「夏草やつわものどもが夢の跡」と詠みました。 毛越寺を3次元CGで再現しました。若い人だけではなく、中高年にも楽しめるマルチメディア・コンテンツとしました。四季折々に風景が変わります。雪も降ります。蝉も鳴きます。穏やかな風景をバーチャルウォークしましょう。  

アーバスキュラー菌根菌は、普通の菌類(カビ)とはずいぶんと違っています。菌類としては、0.1~0.5mmというきわめて大きな胞子を形成します。最近の研究の結果、この菌は、菌類の中でももっとも原始的な菌であることがわかってきました。さらに、最古の植物根の化石の中に菌根菌に類似した構造が観察されています。約4億年前、植物が進化し、その住かを水の中から陸地へと移してきた頃には、すでに根に菌根菌が共生していたらしいのです。今の陸上の多様な植物も、土の中の菌類との菌根共生という営みを数億年にわたって続けて、共に進化をしてきたのです。』

  コバノミツバツツジ(小葉の三葉躑躅、学名: Rhododendron reticulatum)は、ツツジ科ツツジ属の落葉低木。 中部地方から関東地方に分布するミツバツツジに比べて、葉が多少小さいためこの名がある。 高さは数2 – 3m程度になる。 3 – 4月頃に紅紫色 – 淡紫色の花が多数咲き、里山の春を彩る。花は直径約3㎝。  1 特徴 / 2 分布・生育地 / 3 脚注 / 4 参考文献 / 5 関連項目 / 6 外部リンク  

Glomeromycota(グロムス菌門あるいはグロメロ菌門と呼ぶ人もいるが日本語名称は定まっていない)に属する150種程度の特殊な菌類によって形成される。これらはかつては接合菌に含めて考えられていたが、最近では分子系統解析に基づき独立した門として扱うことが多い。菌糸には隔壁がなく、輸送能力が高いものと考えられている。根の周辺に形成される胞子嚢胞子は種類によっては肉眼ではっきり分かるほどの大きさで、非常に耐久性が高く、緑化・農業資材としての菌根菌接種源に利用されている。

  オーストラリア・ニュージーランドを中心に約40種が分布する常緑の低木です。日本ではその中でも、スコパリウムと言う種を指し「ギョリュウバイ」と呼んでいます。 葉は先端がとがった形をしており小さくて堅いです。花の大きさは1~2cmで枝の先端近くにびっしりと付け、最盛期は全体が花色に染まります。一重咲きや八重咲きがあり、色は白、紅色などがあります。開花後は小さな褐色の果実を付け、熟すと裂けて中から細長いタネをたくさん出します。  

  念願が叶い2001年秋から2002年にかけて大麦、小麦を本格的に作りました。”麦”を作ろうと思った切っ掛けは、植物の力で土を活性化できるという「緑肥」に興味を持ったからです。2000年から2001年にかけてはじめて麦を育てました。ライ麦、大麦、冬小麦を2mくらいの畝に種播きして育てました。順調に育ちましたが梅雨時期に入り雨続きで刈り取ることもできずに無惨な姿になりました。麦は倒れて芽が出始め、どのようにしたら良いのかも分からず少しだけ敷き藁として使い、あとは何にもなりませんでした。・・・  

PC(ピーシー)農法における糖度計診断の項目で、診断の項目を示すと、第3図のようになります。第3図のフローの糖度計診断によって、光、温度、水分、肥料、根の活力などの適正な管理が数字の活用によって分かります。糖度の見方は作物の葉の葉柄などの中心を直接糖度計で挟み込み汁液を搾り測定します。また、ウリ類などの汁液の比較的多い作物はカッターナイフなどで茎の部分を切り上げたり、切り下げたりして、浸潤してくる汁液を採取して測定します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *