“水耕栽培方法、水耕栽培方法、水耕栽培方法、水耕栽培方法、 +どのように水耕栽培に家庭では、どこで水耕栽培を購入するには、どこで水耕栽培システムを購入するには、どのように水耕園芸に、どこで水耕栽培栄養素を購入するには、”

アボカドの育て方で水分以上に重要なのが「冬場の温度管理」です。耐寒温度を下回ってしまうと、生育が極端に遅くなり、ひどい場合は枯れてしまうことがあります。これは植える時期を選ぶことにより寒さによる枯れのリスクを抑えることができます。 初夏や夏に植える場合はせっかく成長した苗木が枯れてしまう恐れがあるので、4月頃に種を植え成長した木で寒さに耐えられるように育てておきます。 寒さが厳しい冬場に外気にさらしておくと、しっかり水やりをしていても葉に元気がなくなり茶色く枯れ始める現象が見られます。1メートルくらいの高さになるまでは、室内で育てると比較的安心です。庭などに直植えしている場合は、根本に腐葉土などを重ねアボカドの根に直接霜があたらないように育て方を工夫します。

アボカドを発芽させる際に、水に浸けて育てる方法がありましたが、発芽後も水の中で「水耕栽培」をしていくことが可能です。この場合、実をつけさせるというよりも、「観葉植物」として室内で楽しむ目的が多くみられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *